2006年02月15日

古き良き店

「横浜寄生虫ツアー」のお話完結編。
旅行の話が完結したのも久しぶりだわ。


一番の目的地だった寄生虫館から出てきて、さあどうしようかって話になって
「ここに来る途中にあった古本屋に行きたい」と言う相方にのって
帰りは駅まで歩いて行くことにしました。

ちょうど駅と寄生虫館の中間あたりに古本屋はありました。
ブックオフとかの最近あるようなでかいのじゃなくて、
小さくて狭い昔ながらの古本屋。
本大好きな相方に比べ、私はあまり読まないほうなのですが
一見無規則に並べられていたり
山のように積まれている本から「お?」と思うタイトルを見つけるのも
なかなか面白いです。
年季の入った紙芝居を見つけたときは本気で買おうかと思いました。
後編しかなかったんですが、前編も揃ってたら買ったかもしれません。
500円だったし。
相方は本を数冊買い、私も「消しゴム図鑑」なる本を購入。
この本、数年前に書店で見つけて「すごいなー」と思いながら立ち読みしたのですが
そのときは気軽に購入できるような価格ではなかったので
買わずに帰ったのでした。
今回たまたま寄ったこの古本屋で同じ本を見つけたとき、
そのときの記憶がよみがえってきてすごく懐かしい気持ちに。
「めぐり合わせだね」とか相方に言われて、私もここで買うことを決めました。
まさか古本屋でそんな体験ができるとは思ってもなくて。
古本屋の良さを相方から教えてもらいました。

目黒駅に着いて、いよいよもう帰るだけになってしまったのですが
お茶を飲んで一休みしてから電車に乗るかってことになって
駅近くにあった喫茶店に入りました。

うちらが入ったのはスタバとかドトールとかのカフェではなくて
まさに「喫茶店」といった雰囲気のお店。
タバコとコーヒーの匂い漂う(本当はタバコ苦手だけど)店内は
談話中のおばさまや仕事の話をしているようなスーツ姿の人たちとか
海外旅行の計画を立てている学生らしき人がいたりして
まあよく考えればその辺のカフェにいるような客と変わりは無いんだけど
その雰囲気のせいか、絵になって見えたのでした。
そんななかでおそらく浮いていたであろう風変わりな我ら二人。

相方はコーヒーのデザートを、私はクリームソーダを注文。
クリームソーダなんて飲むのも久しぶり。
メロンソーダの上にバニラアイスとシロップ漬けのさくらんぼっていう
定番の色あいはなんとも綺麗。
相方の頼んだデザートも、さすがコーヒーを出す店だけあって
コーヒーゼリーも下のカフェオレも美味しかったです。

若い人たちが行くような店に比べてなかなかの値段がするのですが
静かだし雰囲気もいいし、こういう店もいいなと思ったのでした。

帰りは栃木県内で降りる相方にあわせて、特急券は宇都宮から仙台までで購入。
宇都宮までは普通列車で帰ることにしました。
しかし夕刻も近づいた宇都宮線は始発駅の上野から結構な数の乗客。
しばらく乗ってるし、ゆっくりするかってことで
贅沢にもグリーン券を購入することにしました。
駅のホームにあった販売機でグリーン券を購入しようとしたのですが
どうやらSuicaにしか対応していないようで、Suicaを持っていた私はともかく
相方は車内で購入することになってしまいました。
(車内で買うと乗る前より高くとられるから損)
まあしかし、Suica対応のグリーン車ってのがまた便利というか面白い。
Suicaでグリーン券を買うと、Suica自体にグリーン券の記録が書き込まれるらしく
あとは車内の席の上にあるセンサーにSuicaをかざしてやれば、
購入済みのランプが点灯して車内の検札もスルーされるって仕組み。
席を移動したければ、移動先の席の上のセンサーにSuicaで触れれば
ランプの点灯も変更されるみたい。すごいね。

そんなわけで、ゆったりと席に座りながら、
昨日相方が買ったトランプで終わりのないダウトをやりながら帰ったのでした。


〜おまけ〜
060127_2330~0001.jpg
今回の思い出の品
posted by のっか at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

噂の寄生虫

さて、バイトもひと段落したので、相方と出かけた話の続きでも。


*二日目*
時間ギリギリに宿をチェックアウト。
朝ごはんも食べず部屋でゆっくりしてたので、二人とも空腹。
とりあえずご飯を食べてから東京に向かうことにしました。
相方の「肉を食べたい」発言に賛同して、近くにあったふらんす亭に足を運ぶも
まだ営業が始まっていなかったので、そこらで時間をつぶすことに。
東急ハンズで相方が耳かき(2000円)を購入したり
ゲーセンでマリオカート対戦したり
クレーンゲームでカタルシスを感じようと(相方談)したり
(開店してから間もなかったので、景品がうず高く積んであった)
クイズマジックアカデミー3なるものに挑戦してみたりしているうちに
ふらんす亭の営業時間になったので早速店に向かいました。

頼んだメニューが来るまで二人でやってたのが
「生協の白石さんごっこ」
紙切れに書いた質問に、機転の利いた答えを書いて返すってもの。
これはその場での思いつきでしたが、その他にも
行動を共にしてしたりするときにふと目に付いたもので
お題の出し合いをするのがしょっちゅうです。
(だから「彼氏」じゃなく「相方」と呼ぶ)
不意にお題を振られることがあるので油断なりません。
あまりにうっとおしくなったら無視しちゃいますけど。

肉を食べ終えた頃には店内も人がいっぱいになってました。
早めに入ってよかったね。
さて、いよいよメインの目的地である寄生虫館に行きましょうか。

電車を乗り継いで目黒駅に向かい、
そこから不慣れな前払いのバスに乗って寄生虫館へ。
ここ、入場料とらないんですね。
代わりに募金箱に30円入れて館内に入りました。
ちょうど中には修学旅行中らしき生徒が数人。
うちらの入った後にも若い女性グループが入ってきました。
平日だけど来館者は思いのほか多かったです。

噂の「ハリガネムシ(googleで検索してみよう)」にうおーってなったり、
宿主から出ている無数のひも(に見える寄生虫)にうげーってなったり
寄生虫分布図で山形が平和なのを見てへぇーって思ったり
展示物のサナダムシと同じ長さの布紐を館内いっぱいに伸ばそうとした相方に
「こらっ」て言ったり
一見の価値はある博物館でした。二度目は好きな人だけどうぞ。
虫嫌いじゃなくてもなかなかインパクト強いです。
来館後に麺類を食べに行くとかかなり勇気がいると思います。
いやでもなかなかに面白かったです。


次回「古き良き店」に続く
posted by のっか at 12:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

横浜の夜

妹と別れた後、桜木町まで移動。
駅から出てみると、テレビでよく見る観覧車が目の前に。近くで見ると派手やなぁ。
しかし色気より食い気な我々は観覧車なぞに興味を示さず
ご飯の場所を探しにその場所を離れたのでした。

具体的に何を食べたい、ってのが決まってなかったので
それならカレーミュージアムにでも行ってみるかーって話に。
以前に妹と行ったことがあったので、記憶を頼りに行こうとしたのですが
どこを歩いても覚えのある風景にたどり着かない。
そんな中、相方が「タクシーで行こう」と言い出す。
意地でも自分の足で探したい(ってかタクシー代もったいない)なぁと思いながらも
しぶしぶ近くのタクシーに乗り込むことになりました。
そしてタクシーは歩き回っていた地域をはずれ、関内駅前へ。
・・・あー、カレーは桜木町じゃなくて関内のほうだったか。失礼orz
同時に妹に場所を聞いていたんだけど、
「タクシーで行ったほうがいいよー」って返事が返ってきました。
相方の判断は正しかったのね・・・。

さて、カレーミュージアム。
以前行ったときはおねーさんに館内を色々案内してもらった気がするのですが
今回は入り口でおにーさんに説明を受けただけ。ちょっと残念。
微妙に迷いながらも湘南カレーのお店に決めました。
私はゆうゆう庵のカレーにしたのですが、
最初「ハヤシカレー」か?と思うようなトマトの風味がしつつも
後半は以外に辛さが感じられてなかなか面白い感じでした。

カレーを食べ終わった後は早々に関内を去り、横浜駅へ向かいました。
駅内で宝くじ売り場を見つけ、スクラッチを買ってみようってことに。
お互い10枚ずつ買って削ってみた結果、私の当たりが700円、相方1300円。
ま、負けた。

宿に入る前に周辺を歩き回っていると、東急ハンズ発見。
見てるだけのつもりが、トランプ売り場を見て急にはしゃぎだす相方。
5000円のトランプが欲しいとか言い出すし。こらこら。
結局手ごろなシースルーのトランプをご購入となったのでした。

何か食べるものを買っていこうってことになり
近くのダイエーで買出し決行。
(確かに相方にあのカレーは量が少なかっただろうなぁ)
ちょっとした食べ物と飲み物を買って、宿に向かったのでした。
・・・にしても、ダイエーの買い物袋を持って宿に入るってのも
どこか滑稽だねぇ。
posted by のっか at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

二ヶ月ぶり

たまには相方と出かけた話でも書きましょうかね。
1ヶ月に一度会えるか会えないかだから、たまにしか書けないのは当然だけど。


今回は私のほうから行こうと決めたんですが、下手に栃木県入りすると
逆に(私の)交通費がかかるので、お互い東京方面まで出ることにしました。
で、どこに行きたい?って相方に聞いたら、返ってきた答えが

「寄生虫館に行ってみたい」

私も話に聞いたことはあって、一度行ってみたかったので
メインの(?)目的地はそこに決定しました。
その他どこに行くかは風まかせ〜にしようと思っていたら
横浜の妹に届けたい物がいろいろあったので、そっちにも行くことに。
題して今回は「横浜寄生虫ツアー」に決定したのでした。


*一日目*
いつもの格安ツアーバスに乗り込み、5時間かけて仙台から新宿へ。
新宿駅で相方と待ち合わせて出発。
近くでちょっとしたお土産を買って、妹のいる横浜の学校へ向かいました。

妹の通う学校は関係者以外入ることができないので、
「学校に近くなったら電話で連絡してねー」との事。
最寄り駅で降りて、学校が近くに見えてきた頃にさあ電話を入れようと
携帯を取り出してみたら、電池が残りわずか。
(本当は相方と連絡を取った時点でかなり危なかったけど)
この電話で連絡が取れなかったら、電池がいよいよ無くなりそう・・・。
意を決して妹に電話。

・・・出ない。まだ講義終わってないのかな(汗

電話を切って間もなく、「電池が切れます、充電してください」の文字・・・orz
急遽、近くのコンビニで簡易充電器を購入。あぁ無駄な出費が。

お出かけ前には充電を忘れずにね!

充電し始めて間もなく、妹から電話があり無事呼び出すことができました。
荷物を渡して、軽く話をした後「どこかこの辺でいいとこない?」って聞いたら
「桜木町いいよー。観覧車乗ってきなよ黒ハート
とか腕を軽くバンバンされながら言われちゃいました。
いやそういうとこに行くような関係でもないよなぁ・・・(汗
んまあ食べ物屋も色々あるってことで、桜木町へ向かうことにしました。
妹と話をしている間相方は少し離れたとこで待っていたんですが
妹が学校に戻った後「妹どうだった?」って聞いてみたら
「同性の姉妹でも声は違うんだね」だそうで。それが感想か!
すでに外は暗かったし、あまり顔は見えなかったみたいだからまぁ、ね。


とりあえず今回はこの辺で。
相方と会ってきた話なのにほとんど出てこないけど気にしちゃいけない。
posted by のっか at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

大阪に行ってきたお話[1]

そういえば北海道旅行のこともまだ手をつけてなかったりしますが。まあこちらを先に書いちゃいます。あ、だいぶ前の名古屋旅行も書きかけだったorz

続きを読む
posted by のっか at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

名古屋へ航海 その4

旅行に行ってからすでに1ヶ月以上経過してます・・・。

普段は早起きなんて滅多にしないんですが、この日は日の出を見るために暗いうちから起きましたよ。
できる限りの防寒をしても、この時期の海上の早朝はやはり寒い。あいにく雲が多かったのではっきりした日の出は見られなかったけど、それでも久々の日の出を見てちょっとすがすがしくなりました。頭の中ではなぜかラジオ体操の歌が流れてたけど。
050228_0621~0001.jpg
朝食は昨日仙台で買ったパンを持ってラウンジで。食べてる間にもう船は三河湾へ。船は目的地に近づいても着岸するまでが長いんですね。到着は9時30分くらいなので、朝食を済ませて朝風呂入って荷物をまとめたあたりでちょうどいい時間になりました。

船を下りてターミナルのコインロッカーに着替え等の荷物を預けて身軽に。駅前だと300円くらいだけどここは100円なのでちょっと得した気分。港から名古屋市街は結構離れているので、まずはバスと電車を乗り継いで名古屋駅まで向かいます。そういえば前払いのバスは初めて乗ったっけ。どこで降りても200円。だったらちょっと遠くで降りたくなるけど、港から野跡駅まではさほど離れてなかった気もします。やはり東北とこの辺の気候は違うみたいで、その辺に立ってる木もなんとなく違うなぁとバスに乗りつつ思ってたり。

野跡駅からJRあおなみ線で名古屋駅まで約2,30分で到着。ついに名古屋市に降り立ちましたよ!
050228_1035~0001.jpg
写真でちょっと厚着してますが、この日の名古屋はとっても暖かくて、上着を着てると暑いくらい。海では雲が多めだなと思ってたんですが、午前中は日も差していい天気。よかったよかった。

・・・さて、今回の旅行のメインはあくまでも「船」だったので、実は名古屋の陸で何をするかってのは全く考えてなかったり。行き当たりばったりでふらふらしよう!ってことで、とりあえず名古屋城でも見学しに行くことにしました。
バスに乗って市役所前で降りる。私が行った頃はまだ愛・地球博は始まってなかったんですが、市内はすでに万博一色。万博のポスターとか色々あったし、市役所周辺にもモリゾーが!
050228_1106~0001.jpg
・・・ちょっと怖いです。

入場券を買って名古屋城へ。結構広くてどこから回ろうかなぁと歩いていたら、梅の木が並んでいるところへ。
050228_1117~0001.jpg
山形ではまだ咲いてない梅がこっちではほぼ満開でした。実は梅の花を至近距離でじっくり見たことが無い私。しばし観察してました。構内の広さといい天気といい梅の咲き具合といい、散歩に最適な条件が揃っていい感じ。

梅をじっくり堪能した後、城に向かって歩いていると何か像を発見。で、その下で何か騒いでいる卒業旅行らしきグループも発見。そこを通り過ぎようとしたら案の定写真撮ってくださいと頼まれました。像の下でその人たちがとったポーズは、その像と同じ・・・というか、

スパニッシュ。

いやそのグループがそう言ってたんだから間違いない。どうやらその像がマツケンサンバのスパニッシュポーズに見えたらしい。(英語の説明文にもスパニッシュって書いてるとか聞こえてきたけど、実際のところは不明。)いやぁノリのいい人たちでした。そして渡されたデジカメの使い方がわからず3度もスパニッシュポーズをとらせた私。わざとじゃないよ!まあその人たち、天守閣で見たときはグループの一人がちょんまげのカツラをかぶってたくらいノリのいい人たちだったみたいだから大丈夫でしょう、えぇ。
今調べたらこの像、「清正公石曳きの像」というみたいです。自分のカメラには収め忘れたので、どんなポーズか気になる方は各自お調べくださいませ。
posted by のっか at 15:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

名古屋へ航海 その3

愛・地球博が開幕したというのにこちらは開幕前の名古屋旅行の話。

日も沈みお腹もすいてきたので夕飯をとることに。船内にはレストランがあるんですが、バイキング形式で1800円もするので学生一人旅の私にはとても入れません。てことで、軽食コーナーのカレーを注文。安っぽいのが出てくるかなと思いきや意外とそうでもなかった。私みたいに軽食コーナーで食事を取る人も結構いましたが、カップめん持参の人も多かった。フェリーは予算に合わせて部屋とか食べ物とか選択の幅があるのがいいですね。豪華にしたければ特室に全食事レストランとかにしてもいいだろうし、どこまでも安くしたいなら2等で全食事持込でもいいし。これなら部屋代食事代合わせて往復1万切れるのかな。ちなみに船内の売店にはおつまみはあるけど食事になりそうな食べ物は置いてません。あらかじめ陸で買って持ち込みましょう。

そういえば船内だから売店の食べ物とか自販機の飲み物とか定価より高いのかと思ったら、売店はコンビニ価格(つまりほぼ定価)だし、自販機のソフトドリンクも120円。重くなる飲み物とか酒類は船内で買うとよさげですね。

夜に入場自由の小さなコンサートがあったんですが、特に興味もなかったのでその時間はまたお風呂に入ってくつろいでました。コンサートがない時間帯はその場所で映画を上映してるんですが、大体1,2年前に上映された有名なものが多かったですね。ただスクリーンがしょぼいですけど。S寝台や個室に置いてあるテレビの船内放送でも1日何本か他の映画を流していました。


今回の寝床ですが、私が予約を取ったのはS寝台。寝台は「きそ」の場合SとB寝台があるんですが、この違いは1段か2段かというのと、テレビがついているかいないかくらい。料金と設備の差を考えるとSは割高な気もしなくもない。けどまあその半端さが幸いしてか時期のせいか、S寝台の部屋はほとんど人がいなくて静かに過ごすことができました。私のいた部屋(16人分)では私ともう一人しかいなかったし。Bだとグループのお客さんが結構いた感じで場所によってはちょっとうるさかったかも。ちなみに、部屋は船に乗ってから(空きがあれば)他の部屋に変更することも可能。ランクの高い部屋に移るときはその差額を払えばいいみたい。仙台に帰るときの船で、S寝台のガタガタした音が気になって眠れないとか外で言ってた人がどこか別のとこに移ったようです。結果その部屋は私一人だけ。それもちょっと寂しいかなぁ(汗)。
そう、寝台にはブラインドが付いていて、それを下げれば一応個室にはなるんですが、そのブラインドのせいで船の揺れに合わせてかなりガタガタいいます。人によってはかなり気になりそう。

日付が変わるころでも、船はまだ房総半島を回るくらいの位置。実にゆっくり
posted by のっか at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

名古屋へ航海 その2

050227_1318~0001.jpg
さて、だいぶ忘れ去られていた名古屋旅行の続きを。


仙台から名古屋へは20時間という長丁場。まずは乗る前に買ってきたサンドイッチで昼食をとり、その後そのままロビーで今後の予定を立てました。天気に恵まれたので船の揺れも少なく、窓から差し込む日光でついウトウトしそうに。


14時半ごろに姉妹船とすれ違うとのことでデッキへ出てみる。さすがに風はそれなりにあったけど、天気がよくて気持ちよかったですね。冬場なのでさすがに長くいると寒かったけど、これで暖かかったらずっと外にいてもいい気分。
050227_1437~0001.jpg


船内には売店もあって、おつまみやらお土産やら売ってます。この船は苫小牧から来ているので当然北海道土産も置いてありまして、名古屋に行ったのに北海道土産を持っていくとかひねくれたことも可能。本当に買おうかと思ったけどやっぱりひねくれるのは良くないよなぁと思いやめときました。あぁそうそう、先日相方からもらった白い恋人チョコレートドリンクもしっかり冷やされた状態で売られてました・・・。


日が沈む前に展望大浴場に入ってみたかったので、時間的にちょっと早いけど軽く行ってきました。展望「大」浴場というからには大きいんだろうなと思い込んでたけど、それほど大きいわけじゃありませんでした。その代わり窓は大きく眺めはかなりよかったです。海しか見えないと言われればそれまでですけど・・・。サウナにも大きな窓があって、サウナで暑くなりながら冬の海を眺めるなんて妙な体験も。あぁちなみにこの大きな窓、更衣室にもついています。窓近くに立ってみると私の膝から頭の上くらいまでの高さ。ラウンジの窓より眺めいいんじゃないだろうかと思うくらい。こんなとこを覗き見するような変な船はいないだろうからその辺は大丈夫でしょうけどね。変な開放感を味わってきました。


お風呂からあがった後は日が沈むまでラウンジで読書。今回はツアー客や卒業旅行らしい団体さんがいたけど、私みたいな一人だけの人も結構多く、私みたいに本を読んでたり新聞を読んでたり何か勉強してたり。自分の部屋だと本を読もうとしてもつい他のことをやりがちなので、こういう隔離された(言い方がちょっと悪いけど)ところでじっくり読書できるのはなかなかよかったです。
どこまでも船はゆっくりゆっくり、約40kmの速度で進み続け、船の中もどことなく外よりもゆっくりした時間が流れているよう。今の自分にこの体験は少し贅沢すぎる気はしたけど、じっくり物事を考えることができてよかったかな。
posted by のっか at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

名古屋へ航海 その1

050227_1311~0001.jpg
さて、一人旅の話でもしましょうか。


2月27日〜3月1日まで、太平洋フェリーのニューきそに乗って名古屋に行ってきました。かなり小さいころに離島に行くのに小さなフェリーなら乗ったことはあるんですが、そのときの記憶もほとんどないのでフェリーがどんなもんかはなかなか予想がつきにくかったですね。
今回フェリーに乗っていこうと決めたのは、目的地に着くまでを楽しみたかったから。もともと旅行に行くのは好きなんですが、目的地でいろいろ巡るよりはそこに行くまでの過程のほうが楽しいと感じる気がします。フェリーは仙台〜名古屋まで20時間。たっぷり「過程」を楽しめるわけですな。

ニューきそは今年の1月に運航を始めたばかりの船だけあって、外装・内装ともにとっても綺麗。特に内装、船とは思えない豪華さに初めはただただびっくり。南太平洋をイメージした内装らしいですが、そういえばディズニーランドにこんな雰囲気の建物だかアトラクションがあった気もしなくはない。
050227_1251~0001.jpg  050227_1858~0001.jpg
posted by のっか at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。