2006年10月15日

すっかり週記

先週に比べて新しい生活リズムにもだいぶと慣れてきました。
勤務も含め、この生活にもう少し慣れればブログを更新する余裕も
出来そうですが、今はまだ疲れの解消を優先したいので
とりあえず今月中は一週間に一度くらいの更新頻度でいこうかと思ってます。
 
母が「紅葉が見たい」と言ったら父が「じゃあ蝉しぐれのセットを見に行こう」
と返してきたため、土曜日に鶴岡に行ってきました。
正直、鶴岡の地を踏むことはもう無いだろうと思っていたのですが
(いや、卒業前に余裕があったら行きたかったのよ、ほんと)
思いがけずもう一度訪れることが出来ました。

鶴岡方面までは、ほぼ高速道を通る最短コースで。
高速道から見える山々は色づき始めていたものの、まだ緑と半々くらい。
やはりこのあたりで紅葉を楽しむには少し早かったですね。
もうちょっと北に行くか、もっと標高の高いところに行けば
もっと鮮やかなのかもしれませんが。

まずは父の目的地、蝉しぐれのオープンセットがある羽黒町に到着。
蝉しぐれのオープンセット、ネット上での写真とかは結構綺麗な感じなんですが
どうやらその後移設されたらしく(移設後1ヶ月くらいしか
経ってなかったようだ)、農地の真ん中にポツーンと。
今は文字通り「セットが置いてあるだけ」で何とも寂しい姿。
敷地内も随所で説明などがあるわけでもなく、
この映画を全く観ていない私と母にとっては「うーん・・・」としか感じず。
しかしこの映画が大好きらしい父にとってはそれでも感慨深いものがあるらしく
家の雰囲気とか床とか感心しながら見回ってました。

……失礼ながらあまり話題にはならなかった作品だし、公開から日も経っているから
人もあまり来ないのかもしれないけど、あの状態はせっかく来てくれた人を
がっかりさせるんじゃないかなと正直思ってしまったり。
恐らく、今後何かの撮影に使うための保存用と割り切ってるのかもしれないけど
せめて移設したこととか書いてあっても良かったんじゃないかと……

オープンセットを出た後、蝉しぐれ資料館周辺をぶらぶらと歩きました。
ちょうどダリアの時期だったようで、資料館とは別の建物の一帯に
たくさん植えられていてなかなか綺麗でした。色が気に入ったものを一枚。
061014_1501~0001.jpg

これで一応父と母の目的は果たしたのですが
せっかくなので日没を見に行こうという話になり湯野浜へ。
足湯に浸かって時間つぶしをした後(日帰り入浴は見つからず残念)
海岸で日が沈む様子を見てきました。
この日は雲ひとつない天気で、太陽も完全に沈むまで
綺麗に見ることができました。
061014_1648~0001.jpg
posted by のっか at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。