2006年07月30日

5000円か0円かの違いだから!

今日もコンタクトのお話ですよ。

今日も駅構内を歩いているといつものように唐突に眼にゴミが入ったので、
片眼を真っ赤にして(ついでに鼻水も)トイレの洗面台へ直行。
ひとまず一度はずして水洗いしようと思い、鏡を見ながらコンタクトをはずすと、
そのコンタクトは下に添えた手を外れて腕でワンバウンド、続いて軽い音が下から・・・。

やってもうた!

あの音は洗面台にコンタクトが落ちた音にしか聞こえない。
急いで真下を見渡すも、レンズは見つからず。
念のため床を探しても、やはり見つからず。
とうとう・・・排水口に落としたか!?
心の中で泣きながら携帯のライトで排水口を照らしてみる。
(豆知識:W41CAは#長押しでカメラのライトだけ使えます)
・・・と。

あった!
奇跡的に引っかかってた!

haisuikou.jpg
このへんに。

さて、問題はあのレンズをどう救出するか。
下手に触ってしまうとレンズは下に落ちてしまう。
ここは家じゃないから、落ちてしまったら排水管を分解するなんて荒業は出来ない。
(補足:一度家でも同じことをやらかして排水管を分解した)
しばし洗面台を見つめながら考える。

ふと、今自分が口に含んでいるものに気付く。
・・・かくなるうえは。

1.いらないレシートを丸めます
2.しばらくかみ続けたガムを先につけます
3.簡易トリモチの出来上がり

・・・引かないでください。
まだ保証期間とはいえ、レンズ紛失は5000円の自己負担なんです・・・。
いくら汚れても、現物があれば無償交換なんです。
5000円は大きい!

というわけで、簡易トリモチを慎重に排水口に突っ込んで
無事レンズの救出に成功したのでした。
公共の場所だったけど、はっきり言って異様な光景だったろうけど、
5000円には変えられなかったよ。

さすがにいくらクリーナーで洗っても汚れが残りそうなので、
眼科で調べてもらって交換してもらいます。
あぁ、またしばらくメガネ生活だわ。
posted by のっか at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。